【性病治療】抗生物質を正しく使おう【予防薬ではない】

こんにちは!Rちゃんです

先日、梅毒についてお話しいたしました

梅毒が急増!現状と対策とは

定期的に検査に行かず出勤を続けたり

風俗店通いを続けたり
不特定多数の人々と性接触をした結果、

性感染症はみるみる拡がっていきます

 

もう一つ気をつけていただきたいのが、

 

性感染症を予防する目的で
抗生物質を常用する人がいる、とのこと

 

そもそも抗生物質は
細菌感染の治療に用いるお薬です

近年、抗生物質が効きにくい薬剤耐性菌が
国際的に問題になっています

 

抗生物質とは

風邪をひいた時、通院すると抗生物質を
処方されることがあると思います

 

抗菌薬は細菌を殺したり鎮めたりして、
感染症を治療する薬です

 

抗菌薬は、人間にとって
そこまで大きな毒性はありませんが、

細菌にとっては猛毒です

 

そのため、細菌は
あの手この手でその毒から
逃げ延びようとします

 

抗生物質の種類

抗生物質は、
作用の仕方から主に以下の7種類に分類されています

 

ペニシリン系抗生物質
セフェム系抗生物質
カルバペネム系抗生物質
マクロライド系抗生物質
 テトラサイクリン系抗生物質
アミノグリコシド系抗生物質
ニューキノロン系抗生物

 

ジスロマックの有効成分アジスロマイシンは、
マクロライド系抗生物質に該当します

 

 

風邪はウイルスによって引き起こされるため抗生物質は不要

風邪の一部は
細菌感染を伴うこともありますので有効ですが、

 

基本的に風邪はウイルス感染症です

 

ウイルスは細菌とは異なり、
抗菌薬が効かない微生物です

 

つまり風邪に抗菌薬を使用しても、
効果はないのです

 

そればかりか抗菌薬により、
耐性菌が体内に出現することにつながります

 

 

耐性菌問題がG7サミットなどで議題となるほど

近年は耐性菌が世界中で問題となっており、
G7サミットなどでも議題となるほどです

 

菌が抗菌薬に
どんどん強くなってきている一方で、

抗菌薬の開発は進まず、
従来の薬を現場では使用しています

 

耐性菌が増え続けると、
感染症に抗菌薬が効かなくなる恐れがあるのです

 

細菌感染症に限定して
必要な抗菌薬を使用することで、
耐性菌の出現を最小限に抑えることが出来ます

 

 

薬剤耐性(AMR)(Antimicrobial resistance)とは

薬剤耐性(AMR)とは、抗菌薬が効きにくくなる、
または効かなくなることです

 

マクロライド系抗生物質は
使い勝手が良いことから、

乱用や不適切な使用をされてきた経緯があり
マクロライド耐性菌が
特に問題視されているそうです

 

耐性菌が増えると、
抗菌薬が効かなくなることから、

これまでは感染、発症しても
適切に治療すれば軽症で回復できた感染症が

治療が難しくなって重症化しやすくなり、
さらには死亡に至る可能性が高まります

 

薬剤耐性はこうして生まれる

私たちの日常ではどのような場面で
薬剤耐性が起こるのでしょうか

抗菌薬はそもそも、
細菌による感染症の治療に使う薬です

 

先ほど述べたように普通の風邪など、

ウイルスによる感染症には、
抗菌薬は効果がありません

 

細菌感染症と判断して投与された抗菌薬は、
病気の原因となっている細菌だけでなく、
さまざまな細菌に効きます

 

例えば抗菌薬を使うと、
ヒトの腸にいる非常に多くの種類と数の細菌のうち

抗菌薬が効く菌だけが死滅し
効かない菌(薬剤耐性菌)が生き残ります

 

生き残った薬剤耐性菌が増えて
なんらかの感染症を起こせば
抗菌薬が効かない菌なので、
治療に困ることになるかもしれません

 

どんなに注意しても抗菌薬を使うと
耐性菌が生じる可能性がありますので、

 

抗菌薬を使う機会を
本当に必要なときだけに絞り込み、

必要のないときは使わないことが
薬剤耐性菌対策にはとても大切です

 

薬剤耐性菌を生み出さないためにも、
抗菌薬はしっかりと注意事項を守って
服用しましょう

 

 

クラミジア・淋病・梅毒は細菌によって引き起こされる

クラミジア、淋病、梅毒は、
すべて細菌によって引き起こされます

 

通常は抗生物質で治療することができます

 

しかし、多くの場合
これらの性行為感染症にかかっても
自覚症状がないからといって

通院・治療せず放置されたり
いくつもの抗生物質が誤用や乱用された結果、

治療が失敗し、
治療は以前よりも難しくなってきています

 

毎年推定で、

1億3,100万人がクラミジアに、

7,800万人が淋病に、

560万人が梅毒に感染しています

 

薬剤耐性のため治療が困難になりつつある現実

近年、これらの性行為感染症への
抗生物質の効果に対する耐性が
急速に増加してきており、
治療の選択肢が減っているそうです

 

3つの性行為感染症のうち、
淋病は抗生物質に対して
最も強い耐性を発展させました

 

使用できるどんな抗生物質にも
効果を示さない多剤耐性淋菌株が
既に検出されています

 

また、あまり頻繁ではありませんが
クラミジアや梅毒における
薬剤耐性も存在するそうです

 

抗生物質が効かなくなっている

淋菌(Neisseria gonorrhoeae)という
細菌の感染により引き起こされる淋病は

性的な接触によって広まる性感染症です

 

出産時に母子感染することもあり、
その場合は目が侵されることが多いそうです

 

感染しても症状が出ないことも多いようですが

症状がある場合は、

排尿時の痛み、性器からの異常な分泌物、
性器周辺の痛みなどが見られます

 

治療せずに放置すると、
不妊症や骨盤腹膜炎になることがああります

 

抗体はつかず、
治癒後に再感染することもあります

 

昔からある安価な抗生物質は、
誤用され、過剰に使用されてきたせいで
今では効かなくなっています

 

最も一般的な性感染症である
淋病、クラミジア感染症、梅毒のうち
抗生物質耐性が最も強まっているのは淋病です

 

抗生物質を乱用することによる弊害

 

抗生物質耐性が強まっている現実をお話ししましたが
それ以外にも様々な弊害があります

 

抗生物質は腸内細菌をも死滅させてしまいます

するとどうなるかというと、
善玉菌が死滅することにより
体の免疫力が低下してしまい

 

ありとあらゆる感染症を引き起こしてしまう事も
あるというのです

最悪、免疫力によって防げたはずの梅毒にも
感染し発症させてしまう恐れもあります

 

スーパー細菌との戦い

淋菌は、
抗生物質が効かないスーパー細菌
なりつつあるのではないかと懸念されています

 

米国では毎年200万人が
抗生物質耐性菌に感染していて、
そのうちの2万3000人が死亡しているそうです

 

抗生物質の使い方は改善していません

抗生物質はウイルスではなく
細菌と戦うためのものです

 

必要のないときに抗生物質を用いるたび、
抗生物質への耐性を高めてしまっているのです

 

細菌は自分の身を守るために、
抗生物質を破壊する能力を獲得しました

 

さらなる変異によって、
細菌は抗生物質を不活化する酵素を
作れるようになるかもしれません

 

あるいは、抗生物質が攻撃しようとする標的を
排除してしまうかもしれません

 

治療せず放置するとどうなるか

診断を受けず、治療せず放置すると

骨盤内炎症性疾患、子宮外妊娠、流産など、
女性への重大な合併症や長期にわたる
健康上の問題を引き起こすことがあります

 

淋病やクラミジアは、
男女ともに不妊の原因となることもあります

 

また、クラミジア、淋病、梅毒への感染は
HIVへの感染リスクを2倍から3倍に高めます

 

妊婦で性行為感染症を治療しないままにすると
死産や新生児死亡の可能性を高めます

WHOの生殖器の医療および研究の部門長
Ian Askewは、

「クラミジア、淋病、梅毒は、
世界における重大な公衆衛生上の問題であり、
数百万もの人の生活に質的な影響を与え、
深刻な病態や、時には死を招きます

WHOの新しいガイドラインはその拡散を減らし、
性生活および生殖器の健康の向上を図るために
これらの性行為感染症に対して適正な抗生物質、
適正な用量、適正な回数を用いることの
必要性に重点を置いています

そのためには、国の医療サービス体制の中で
国内におけるこれらの感染症の
薬剤耐性パターンを監視する必要があります」

 

と述べています

 

 

抗生物質を処方された際の注意点

決められた日数を飲み切らなければ、
薬剤耐性菌発生のリスクが高まります

 

症状が良くなったからといって
自己判断での服用中止は避け、
最後まで飲みきってください

 

まとめ

予防のために、といって抗生物質
むやみに抗菌薬を使用するのは
治療を困難にさせる恐れがあり、
医師の処方外で自己判断で服用するのは
絶対に控えましょう

 

また、処方されたら症状が無くなったからと言って
自己判断で服用中止は避けて
最後まで飲みきりましょう

 

風俗のお仕事は、自分が気をつけていても
お客さまが知らず知らず感染していて
持ち込むケースがほとんどです

 

不安な気持ちがあるならば、
抗生物質を服用する前に
心配なときに検査キットを使ったり
思い切って通院してみましょう

自宅で簡単性病検査



 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

梅毒が急増!現状と対策とは

こんにちは!Rちゃんです

 

先日、こんなニュースを見ました

 

秋田で梅毒感染者急増 昨年の2倍以上 夫婦、恋人間で拡大懸念

 

なんと、秋田で梅毒が急増しているという事なのです

 

関連記事も添付します

 

秋田で梅毒感染者急増「予防と早期検査を」 県医師会、さらなる拡大危惧

 

秋田で梅毒患者が急増 コロナの影響と県またいだ拡大の懸念

【熊本県感染症情報】梅毒患者3人 今年累計100人

そして、海外でも

ホーチミン:性病患者が急増 梅毒患者が9年間で9倍に

 

 

梅毒とは

梅毒トレポネーマという細菌を原因とし、

主に性行為による粘膜接触などを介し感染します

 

感染後3週間前後の潜伏期間を経て

性器などに痛みを伴わないしこりができ、

3カ月~3年ほどで血液を介して細菌が運ばれ、

手のひらや足の裏など全身に発疹ができます

 

無症状期間も長く、その間に感染を拡大させるリスクがあります

 

悪化すると大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)や

脊髄(せきずい)に異常が生じる可能性や

進行麻痺などの症状も現れることもあり

 

最終的に命に関わるケースもあります

 

梅毒に関するQ&A|厚生労働省

 

 

 

 

梅毒が大流行中!?

国立感染症研究所によると、

 

全国の梅毒感染者は11年から増加傾向となり、

19年は年間6577人(暫定値)の報告があったそうです

 

現在の形で統計を取り始めた1999年以降で

最少だった03年の509人の約13倍まで拡大したとのことです

 

 

秋田県で特に梅毒が大流行中!?

特に秋田の感染状況は深刻な状況のようで、

2006〜07年は1人だったが、

2020年は年間80人以上となるペースで報告されているそうです

 

2020年第2四半期(4~6月)の

人口100万人当たりの秋田県内感染者数は16・6人で、

東京都、香川県、大阪府と並び、全国で4番目に多いそうです

 

 

東日本に限ると東京都(28・8人)に次ぐ数字で、

東北では突出し、

 

また2019年同期の感染者数と

比べると約4・3倍に急増しており、

 

3倍以上になっているのは全国で

秋田だけだということだそうです

 

秋田県内では10月11日現在、

性別、年齢別では40代男性と50代男性が

それぞれ13人と最も感染者が多く、

全体の4割を占めるそうです

 

医療関係者の見解は

医療関係者からは、

秋田県内では性風俗産業の従事者・利用者の周辺で

感染が広がっている傾向が指摘される一方、

 

今後は夫婦間や恋人間などでの

感染の広がりを懸念する声も出ているとのことです

 

研究所によると、

全国で最も感染者が多いのは20代女性で、

 

より感染リスクが高いとされる

性風俗産業の従事・利用歴がない人にも広がっているそうです

 

感染者はここ数年で全国的に増加しており、

国立感染症研究所の統計によれば

2019年は全国で6577人と5年前の約4倍に増えたそうです

 

近年の梅毒感染者が国内で急増している理由として考えられること

秋田県のみならず、全国でも

インバウンド促進を背景として

外国人観光客の感染者が

国内の性風俗店を利用し広がった可能性や、

 

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による

出会いの広がりの影響を指摘する声があるそうです

 

 

出稼ぎ嬢が感染を広げている可能性も

東京の風俗嬢による“地方出稼ぎ”問題も懸念されているそうです

 

春以降、

新型コロナウイルスで東京での仕事が減った風俗嬢が

地方の歓楽街に流れ込んでいる現状があります

 

梅毒はその特性から

風俗嬢にリスクが高いのは事実ですが、

 

利用客から恋人や配偶者に広がるなど

今は様々な感染経路が考えられます

 

 

秋田の特有の土地柄と稼ぎたい風俗嬢のマッチングが起こした悲劇なのか

実は東北の中でも、

秋田は比較的性風俗店が少ないエリアだそうです

 

ただ、それは店舗を構えていない、というだけの話で、

パパ活などを隠れ蓑にした

“援デリ”などの業態が多いことで知られているそうです

 

そして、この手の闇業者は、

通常の性風俗店業者に比べて衛生管理は結構ずさんなのだそうです

 

それなのに、NN、NSといった

過激サービスが当たり前の世界なので、

 

当然性感染症のリスクは高くなる、

というのが考えられる理由だそうです

 

 

首都圏の『転々虫』が持ち込んだという説も

夜の世界や風俗業界でも

店をコロコロと変える女性を、転々虫 と呼びますよね

 

誤解があるといけないので

転々虫が悪い、と言っている訳ではないことを

先にお話ししておきます

 

転々虫が悪い、という事ではなく、

『毎月定期的に性病検査をしないまま働き続ける』転々虫が悪いのです

 

そんな彼女たちが新型コロナウイルスの感染拡大により、

東京や大阪といった大都市から、

どんどん北上し、遠征したという事も関係している可能性も高いそうです

 

秋田県は今でこそ、

新型コロナウイルスの累計感染者が50人を超えたといわれますが、

 

長い間、新規感染者を1ケタに抑えているそうです

 

つまり、転々虫の女性たちにとって、

新型コロナウイルス感染者が少なく、

 

闇の性風俗店という勤め先がある秋田は、

出稼ぎにはこれ以上ない

美味しいエリアだったということも考えられます

 

 

Go Toキャンペーンが吉と出るか凶と出るか

Go Toキャンペーンの関係で、

“夜の街関連”にかかわらず

県をまたいだ感染が、これからも増えていくと思います

 

しかし、当然のことながら

明確な原因はまだ判明していないそうです

 

 

梅毒で特に問題な点は何か

感染後に症状が出なくなる時期があることが

特に気をつけなければならない点です

 

そこで治療をやめてしまい、

感染を広げてしまったり

自分自身症状を悪化させるケースもあるそうです

 

また、妊娠中の女性が感染すると、

先天梅毒として胎児の発育などに

悪影響を及ぼす恐れがあるそうです

 

 

梅毒のみならず、他の性感染症も増えている現実

全国規模で、性風俗産業の従事・利用歴がない人にも

感染が広がっている事実に着目していただきたいです

 

新型コロナウイルスの影響で性風俗利用者が減少し

感染者も減るのでは、との予想は裏切られ、

一時期を除いて性感染症患者は逆に増え続けているそうです

 

どの性感染症も、

性風俗関連が感染の発端であっても、

その後にさらに拡大している可能性があるということです

 

 

【風俗嬢必見】いつもつきまとう問題!性感染症(STD)について

 

 

 

クラミジアや淋病よりも厄介!トリコモナス症について

 

対策はあるのか

 

衛生用品を使う際には意識を高め、

心配があればパートナーと共に

定期的に検査することが大切です

 

また、万が一感染しても、

症状がなくなったからといって

治療をやめないことも重要です

 

そして、何より重要なのは、

 

風俗で働く女の子は

定期的に検査に行くのは当然のことですが、

 

風俗店を利用するお客さまも

定期的に検査を受けていただきたいですよね

 

女の子がいくら気をつけていても、

お客さまがなんらかの感染症を持っていては

ピンポン感染のリスクがありますから

 

是非とも定期的に検査し

感染していたら早期発見で治療し

またお店で楽しんでいただきたいですね

 

できれば病院で検査を受けていただきたいですが、

検査キットも売られているので

こちらで月一で検査をしていただきたいものです

 

安心の匿名検査。結果も迅速。性病検査なら予防会

 

まとめ

 

未だに新型コロナウイルスが怖いから、

他県から来るのは控えてくれ、という意識の強い地域もあります

 

それなのに、梅毒が他県から蔓延してるのでは

どうしようもありませんよね…

 

いずれにせよ、感染症は体を蝕む厄介な存在です

 

知り合いに性感染症の専門家がいますが、

今年は結構暇な割に

様々な性病が例年より多いとのことです

 

風俗店に勤務する女の子は

気をつけるすべはなかなかありませんが

 

とにかく免疫力を上げて

できることならば、避妊具を装着するなど

できる限りの対策は講じた方が良さそうですね