【指名数UP】聞き上手になり信頼関係を築く方法

コミュニケーション能力が

色々な場面で求められています

 

多くの人が、

会話そのものを向上させることばかり

頑張ろうとしますが

 

これでは会話そのものが

難しくなってしまいます

 

コミュニケーションの基本は

相手の話を良く聞くことだと思います

 

人間関係を向上させる一番のコツは

聞き上手になることです

 

人間関係向上のために聞き上手になりましょう

 

話をしすぎて、嫌われることはあっても

話を聞きすぎて嫌われることはありません

 

今までよりほんの少し、

聞く時間を増やしましょう

 

話す人は、成長させる人

聞く人は、成長する人です

 

しっかり成長したい、と思うならば

聞く側に回るべきです

 

相手に同意する、傾聴力を養う

 

傾聴(けいちょう)とは、

耳を傾けて相手の話を熱心に聞くことで、

カウンセリングやコーチングにおける

コミュニケーションスキルの一つです

 

会話が上手くいく秘訣は

相手の話を聞く力=傾聴力(けいちょうりょく)を高めることです

 

しっかりした信頼関係を築くためにも重要です

相手を理解できる人が、相手から理解されます

 

まず自分から、相手を理解する努力をしましょう

 

自分に置き換えて考えてみると

どんな話にもついていけるようになります

 

自分に置き換えて考えてみましょう

 

心の傷の分だけ、相手の理解ができる

 

理解力はご自身の経験に比例します

 

自分が受けた心の傷の分、

他人の心も理解できるようになります

 

お客様の愚痴を聞いた時は、

「大変だったでしょう」

と同感すると、心から軽くなれます

 

そして、褒め言葉には

人生を変える力があります

 

たくさん褒めて、行動を励ましましょう

 

価値観の違う人の話は、人生の勉強になる

 

価値観の違う人の話ほど、

しっかり話を聞くようにしましょう

 

自分とは全然違う人の話こそ、

しっかりと素直に聞かせてもらうと

人生の勉強になります

 

『会話が続かない』そんな時は『面白いですね』

 

なかなか会話が続かない

そんな時は

『面白いですね』と言えば、

どんどん話が進んでいきます

 

面白いですね、を是非口癖にしましょう

 

コミュニケーションの基本は、なんでもない話ができるようになること

 

コミュニケーションの基本は

何でもない会話ができることです

 

話の引き出しが広い方が、どんな会話でも

ついていけるメリットはありますが、

何も難しい知識なんて要りません

 

 

相手の話を折らない

 

うまく話ができないわけは、

単純に吸収が足りないからです

 

話をする以前に、

まずは相手の話をインプットをしましょう

 

また、相手の話を否定しないだけで

あなたの好感度は大幅にUPします

 

相手の話を否定しないようにしましょう

 

お願いする時は『もしよろしければ』

『もしよろしければ』をつけ加えるだけで、

感じのいい表現ができます

 

普段の会話やブログやTwitterでも使えます

 

 

感謝の気持ちを常に抱きましょう

 

人と会うたびに、

言うべきお礼がないか考える癖をつけましょう

 

人と会ったら、

お礼を言い忘れていないかも思い出しましょう

 

上手に質問ができると、

どんどん深い仲になれます

 

単に尋ねるだけでなく

『ぜひ質問に答えたい!』と思わせるような

聞き方を心がけましょう

 

自分から話しかける人になるのです

『話しかけられる人』ではなく

『話しかける人』になるのです

 

それは一方的にしゃべりまくるのではなく

相手に話をさせるように持って行くのです

 

 

隙間時間には読書をする

 

待機中が長い時など、

隙間時間に読書をするといいでしょう

 

本を読める人は、人の話も聞ける人です

 

本を読むことで、聞く練習になりますし

スキルアップのチャンスでもあります

 

 

まとめ

相手の話をよく聞くこと、傾聴力

 

これはプライベートでも仕事でも一緒です

 

ぜひ今日から意識して

相手の話を聞くように心がけてみてください

それだけで昨日よりも会話がスムーズになります

 

チャンスは、人から手に入れましょう

出会いから、成長のチャンスが生まれ、

人と出会って、成長します

 

聞くことは、究極の癒しです

相手のストレスを吐き出すお手伝いに

努めましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。