パパ活に確定申告は必要?脱税がバレる事例も紹介

 

 

こんにちは

Rちゃんです!

 

 

最近パパ活ってよく耳にしませんか?

ニュースでも結構取り上げられてるし

 

 

SNSとか見てても

 

 

『わーいパパに10万もらった〜』

 

 

とか見てると

 

 

羨ましい〜

私もパパ活やりたいー

 

 

とか思うかもしれないですが

収入を得た以上を確定申告を

しっかりしないと痛い目を見る場合もあるので

 

 

これからパパ活をやろうと考えてる人

パパ活の収入を申告してない人は要注意なので

最後まで記事をご覧くださいね!

 

 

そもそもパパ活でかかる税金って?

「税金」の画像検索結果

パパ活でお金を受け取った場合

所得税もしくは贈与税というものがかかってきます。

 

他のパパ活に関する記事を見ていても

大体、贈与税がかかると思った方がいいです。

 

贈与税とは

贈与税とは個人から個人に金銭が渡った場合に発生する税金のこと

 

です。

 

ですが

個人からお金を受け取ったというだけで

全員が全員贈与税というものを払う必要はありません。

 

 

悪魔でも

1年間を通して110万円以上のお金を受け取った場合です。

 

 

なので本当毎月1万円程度のお金を受け取っていたとしても税金を払う必要はないということです。

 

 

もう一度いいますが

1年間を通して110万円以上の金銭を受け取った場合です。

 

 

どのくらいの贈与税がかかるの?

 

以下表が贈与税にかかる税率です。

 

課税価格 税率(控除額)
200万円以下 10%(0円)
300万円以下 15%(10万)
400万円以下 20%(25万)
600万円以下 30%(65万)
1000万円以下 40%(125万)
1500万円以下 45%(175万)
3000万円以下 50%(250万)
3000万円以上 55%(400万)

 

といってもこの表を見ただけでは

なんのこっちゃだと思うので例をあげます。

 

_____________________________________________

 

例えば月に30万円、年間360万のお金を受け取ってると考えましょう。

 

この場合かかる税率は15%で控除額が10万円です、

(控除額とは支払うべき税金から差し引かれる税金です)

 

 

この場合の税金額は

 

『(360万円−110万円)×15%−10万円=27.5万円』

 

この27.5万円を贈与税として支払いをしなければなりません。

_____________________________________________

以下、贈与税を計算してくれるサイトから抜粋したものです。

 

贈与税の計算サイトはこちらから

https://keisan.casio.jp/exec/system/1385714186

 

 

お分りいただけましたでしょうか?

 

このように金銭を安易な気持ちで受け取って

税金のことを全く考えずにバカスカお金を使っていると

いつか痛い目を見るので、この贈与税のことを

常に気にしながらお金を使うようにしてください。

 

 

税金を払わないと税務署にバレるの?

「逮捕」の画像検索結果

 

然るべき税金を支払わないと

『脱税』という罪に問われ

それなりの罰を受けなければいけないです。

 

ですが

皆んな申告してるのとか

どうせバレっこないでしょ?

 

と思っている人もいるでしょう。

 

 

これは結論からいってしまうと

 

いつかバレます

 

いつかです。

 

こういうのは

金銭を受け取ってから

すぐバレるというものではなく

 

時がたった時にバレてしまうんです。

それでこそ1年〜3年間後に

 

 

『パパ活で脱税がバレる事例1』買い物

 

例えば収入があまりないのに高額な買い物をしていたら税務署は『ん?』

 

おかしいなと思うわけですよ。基本的に税務署は個人の情報を色々と持ってますから。

 

その時にこのお金は一体どこから出てきたと怪しまれバレるケースもあります。

 

 

『パパ活で脱税がバレる事例2』振込履歴でバレる

 

これはケースばいケースですが

パパからもらったお金を手渡しではなく

銀行振込にしている人もいるでしょう。

 

その場合はかなり危険かもしれないです、

何故ならお金を振り込んだら

履歴というのが残ってしまうからです。

 

税務署は基本的に銀行の口座も把握しているので

あまりにも多額のお金が毎月振り込まれていたら

税務署から目をつけられるかもしれません。

 

『パパ活で脱税がバレる事例3』パパの会社経由からバレる

 

どういうことかというと

 

支払いをしてくれているパパの方が

例えば女の子に支払っているお金を

経費として扱っている場合があります。

 

そうしたら

税務署はパパの会社に目をつけます。

 

 

となったら結果的に

支払った女の子にも目がいくというわけです。

 

 

パパ活での節税対策

「節税」の画像検索結果

 

パパ活で得たお金に対しての節税対策を紹介します。

 

 

収入を110万円以下に抑える

 

先ほどもいったように

パパ活で確定申告をしなければ行けない人は

1年間を通して110万円以上の金銭を受け取った場合です。

 

なのでもし申告が面倒臭かったり

脱税して毎日ビクビク過ごすくらいなら

もらうお金を110万円以内に納めるようにしましょう。

 

 

パパの会社に雇ってもらう

普通にお世話になっているパパ(経営者の場合)

 

の会社に秘書として雇ってもらいましょう。

そうすると会社側で源泉徴収というものを

やってくれるはずです。

 

そうすると

もらったお金は給料や役員報酬として

お金をもらうことになるので

確定申告をする必要はなくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
パパ活では税金がかからないと思っている人も

多いいようですが安心しているといつしか税務署がやってきて

無駄に税金を払うことになるかもしれません。

 

 

そうならないためにも

正しい税金の知識を身につけ

楽しいパパ活ライフを楽しみましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。