アフィリエイトと共通項目が多い!?ネットスカウトの現状

こんにちは! Rちゃんです

 

今回はtwitterでよく話題になっているネットスカウトについてお話ししていきます

 

そもそもスカウトって?

「ナンパ 失敗」の画像検索結果

スカウトには路上で声をかけるやり方と、

現在はインターネット上でスカウトする方法(ネットスカウト)があります。

 

路上で声をかけるやり方は、目をつけた女性にひたすら声をかけ続けていく方法で

昔からの手法です。

時間も労力もかかりますし、女性にとっては最初に声をかけられた段階で

不審人物だと察知し、避けるのが当たり前になっています。

よって労力に対し生産性に乏しいのです。

 

しかも、迷惑防止条例施行後、路上スカウト行為が厳しくなりました。

 

現在は稼げないことと法令の事情で、路上スカウトは皆無に等しい存在になっています。

稼げなくなったスカウトマンは、ネットスカウトに転向する方もいるようです。

 

では、ネットスカウトはどうでしょうか。

 

ネットスカウトは、字の如くインターネット上でスカウト行為をします。

現在はSNSやブログなどの媒体を使って、女性を募集します。

時にはDM(ダイレクトメール)を個別に送信して声をかけることもあるようです。

 

風俗店勤務の女の子は、twitterで営業用アカウントや裏アカウントを持つことが多く

移籍先や出稼ぎ先をtwitterで探す女の子も多いと聞きます。

 

今が旬なのは、ネットスカウトなのです。

 

ネットスカウトとアフィリエイトの共通点

「アフィリエイト」の画像検索結果

 

アフィリエイトは、ブログを量産して

SNSで集客してブログやメールマガジンなどに誘導したりを繰り返し

何らかの形で収益を出します。

 

ネットスカウトにも共通して言えることは、

水商売や風俗に興味のある訪問者向けにブログやSNSアカウントを量産します。

基本的に作成してすぐに集客ができるわけではありませんが

数ヶ月〜1年もすれば、少しずつアクセス(フォロワー)が集まります。

 

アクセス(フォロワー)が集まれば、訪問者に向けて仕事紹介のアナウンスをすれば

興味を持った一定数の訪問者(フォロワー)から応募が来るようになります。

 

そして、アクセス数(フォロワー数)が増えたり安定すれば、長い目で見れば

放っておいても自動的に水商売や風俗に興味を持つ女の子を集められる、ということです。

 

路上スカウトは女性獲得まで立ち止まることなく動き続けなければなりませんが、

ネットスカウトは、コンテンツ(土台)さえしっかりと作り上げれば

極端な話、寝ている間や遊びに行っている間にも自分の代わりに集客ができてしまうのです。

 

ネットスカウトが稼げる一つの理由として、

この集客をしてくれるサイトを量産していくことで、

後々少ない労力で多くの応募を獲得できる、ということです。

 

そして、SNS(主にtwitter)やブログでのツイートや記事などが

長期にわたりgoogle検索によってPV数が増え続けていくので

このようなツール(twitterやブログ)は必須ツールと言えるでしょう。

 

SNSやブログのアカウント量産→ツイートや記事の量産→集客→収益

 

これはアフィリエイトにも通じるものがあります。

 

webで集客を見込むには、SEOの知識やSEOを意識した記事の執筆が必要になってきますが

初歩的なことを言ってしまえば、まずは記事をコツコツ書き増やしていき

アクセスを増やしていくことが要となります。

 

まずは難しいことを考えずに、記事を量産してくことから始まります。

 

すると数十記事を書きUPした頃から少しずつPVが増えて行きます。

 

twitterもフォロワー数が増えれば増えるほど、フォロワー様のまたフォロワー様から

フォローをしていただくことによって、また更にフォロワー数が増えて行きます。

 

インターネットが当たり前となったこの時代、

初めて行うことはgoogle検索をして下調べをしてから、という方が多いのです。

 

初めて水商売や風俗業界に足を踏み入れようとする女の子は

水商売 未経験』や『ソープ 未経験』、『デリヘル 未経験

などをキーワードに検索してアクセスします。

 

このようなワードを検索してアクセスするユーザーにとって、

未経験者でも働けるお店の求人情報などをブログの記事にしたり

ツイートすると、記事やツイートの内容とユーザーのニーズにハマり

アクセス数が伸びて応募につながるでしょう。

 

求人情報ばかりではいけません。

訪問したユーザーから信頼を得るための、水商売や風俗に悩むキーワードを

記事に盛り込むのも、集客のためのテクニックの一つでしょう。

 

風俗嬢が被害に遭った話。

「嫌い 女性」の画像検索結果

twitterを見ていたら、悪質なスカウトマンによって

散々な目に遭ってしまった女の子の悲痛なツイートを目にすることがあります。

 

・実際に出稼ぎ先へ行ったはいいけど難癖つけられて結局働けなかった

・出稼ぎに行かせるだけ行かせてそこから連絡が取れなくなる

・予め説明された労働条件が異なる

・最低保証金がもらえると聞いていたのに全くもらえなかった

・twitter上でtwitterアカウントや個人情報、LINEのやりとりのスクショを晒されてしまった

・そもそもが悪質スカウトと悪質風俗店がグルになっている

 

真っ当にスカウトを生業としてされている方がいらっしゃる中、

中には悪質なスカウトも存在しているが現実です。

 

女の子にも原因がある場合があるとはいえ、トラブルに対して適切な対処ができない

スカウトがいることが、トラブルが更にこじれる原因だと思います。

 

スカウトを使ってこれから働こうと思っている方は、

是非とも情報収集をしっかりと行い、信頼のおけるスカウトに依頼するようにしてください。

 

 

今回はネットスカウトについての記事を書いてみました。

現在のスカウトマンの営業スタイルがSNSやブログを活用することが主流になっていて

手法がアフィリエイトと通じるものがあることがわかりました。

そして、スカウトマンを通じてお仕事を紹介していただく上で

信頼関係・情報収集は非常に大切なことです!

ネットでのやりとりから始まり、ネット上で完結する場合もある世界です。

一つのことだけを信じるだけではなく、あらゆる方向で情報収集して

確かな情報を掴み、決して騙されることなく稼ぐことに専念してくださいね★

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。